ユーチューバーの今後 芸能人参入で再生数激減 大手も危機感youtube収益

小学生が将来なりたい職業ランキングの上位常連となったyoutuberですが、ここ最近は芸能人の参入ラッシュが続き完全に飽和状態となっています。職業として市民権を得た代償として競争率が高くなってしまったわけです。

驚くべきことに収益化すらできない名前の売れた芸能人すらいる始末です。我々名もなき一般人は猶更稼ぐことが難しくなりました。ユーチューバーの今後はどうなるのでしょうか。

ユーチューバーの今後

困るのはユーチューバーではなく芸能事務所というAERAの記事があります。

一理ありますが、個人的には大手含めた既存のユーチューバーの多くが再生回数減少傾向にある現状を見るに、大手でさえも、これから先は今までのようにはいかない未来が待っていると思います。再生数は分散し、多くのユーチューバーが苦労することになるでhそう。

その理由と併せて現在のユーチューバーの在り方についての見解を紹介します。

大手youtuberのスキル

大手ユーチューバーのほとんどは「先にyoutubeを開始した」という先行者利権によるところが大きい、と少なくとも私は思っています。新興ジャンルの黎明期にしばしば起きる現象で、youtubeのブルーオーシャンバブルは数年間続いていました。

偶然早い時期にyoutubeを開始した方は運が良かったですし、何らかの勝算があってそうされた方は先見の明があったといえるでしょう。十分に実力の範疇です。

しかしながら、そこに一般的な基準でいうところのスキルがあるかというとそうではなく、はっきりいってしまうと誰にでもできる程度の動画内容で大手になれてしまうのがこれまでのyoutube界でした。

これについてはシバターなども運が良かっただけと似たようなことを言っていました。

先行者有利の理由

芸能界(特に日本は)にも実力以外の力学が働いていますが、要は程度の問題です。例えば明石家さんまや松本人志を20歳に戻して今の芸能界に放り込んでも恐らくは再び売れっ子になるでしょう。

一方大手ユーチューバー、例えばヒカキンやはじめしゃちょーが同様のことをできるかというとかなり難しいでしょう。

これは彼らが面白くないというよりも、数百万、数十万のチャンネル登録者数がいる大手に対し、新規ユーチューバーの対抗手段が少なすぎるyoutubeの仕組みに起因しているところが大きいです。

すぐに検索上位に表示され、コメント欄も盛り上がる大手ユーチューバーに対し、ページを遡らないと検索で表示もされないような新規参入者が丸腰で勝負するのは、まず実力以前の問題が待ち受けています。

(広義では検索で上位に表示させるのも実力といえますが、記事内容をアルゴリズムが評価してくれるブログと違い、youtubeは再生回数や滞在時間など、動画そのものではなく、視聴者の反応によって評価される仕組みとなっているので、査定としてはやや不公平といえます。)

youtubeは誰でもやれる ただし行動力と度胸は問われる

「編集のセンスが」「企画力」という声もありますが、編集はちょっと学べば実践できるレベルですし、企画もテレビの焼き直しがほとんどなので、そこに特別な能力は必要ありません。

但し企画を実行する行動力、これはyoutuberの素晴らしい武器といえるでしょう。街に繰り出して、スマホ片手に片っ端から声をかける行動は誰にできることではありません。

あとは顔出しを恐れない度胸も大切です。一般的な学生や社会人は身バレすると、実生活に何らかの支障が出る可能性があり、それにより及び腰になっている方もいるでしょう。

バカに徹することができる人間は強いです。

(といってもニートなど社会と断絶された人間は、ハナから失うものがないため度胸というより、取り巻く環境がyoutuberとしては恵まれていたといえますが。youtubeは人生の敗者復活戦という側面もあります。)

芸能人にタレント性では勝てない

大物芸能人が続々と参入し始めました。

タレント性で彼らに太刀打ちできる既存のユーチューバーは皆無です。youtubeの中でイケメン、美人と言われている方がテレビに出演し、その顔を多角的に映されると、ただのモブ芸能人になってしまうのが現状です。

決まった角度限定のイケメンや美人と違い、どの角度でどのタイミングで映しても様になるのが上位芸能人です。そんな彼らに輝きで勝てる一般人などいるはずもありません。

ただし芸能人にも「テレビとの二足の草鞋」「バカなことをやるとイメージ低下」「本気出してパっとしなかったらイメージ低下」など足枷もあるため、大物ほど「片手間でやってます」感を出しながらのyoutube参入となると思います。

所謂ハンデ戦になるため、一般人としても工夫次第では戦っていけるはずです。

ユーチューバーの今後

まず新規参入者は相当厳しいです。

目を見張るルックスやトークスキルがあったとしても、コネでもない限りは収益化までこぎつけるのに数か月~数年はかかるでしょう。(2020年5月時点では登録者1000人、総再生時間4000時間が条件。前者は簡単ではありません)

大手も収益が減少していく傾向にあると思います。

どうしたって視聴者のパイには限界があるため、多数の芸能人やアスリートの参入が既得権益者にいい影響を及ぼす道理はありません。(youtubeは活気づくためジャンルにとっては喜ばしいですが)

芸能人としては、テレビや映画との二足の草鞋といったスタンスがほとんどになるはずです。動くお金自体はテレビの方が大きい(youtubeチャンネルの広告費だけでドラマの制作費は捻出できない)ので、リソースをyoutubeに全振りという状況には成り得ないです。

今後は芸能人とyoutuberの境がより曖昧になっていくはずです。

カジサックや宮迫博之のように、失脚した芸能人の受け皿としても機能するでしょう。

最も厳しいのは本業にしていた零細ユーチューバーですかね。副業の方は気が楽ですが、本業の場合再生回数や収益の減少は死活問題です。大手のように十分な貯蓄があるわけでもないので、場合によっては別の仕事をする必要に迫られ、ひいては動画の質の低下にも繋がってしまいます。

収益の在り方も変化

表示されただけで収益が発生する現状の代表的な広告収益の仕組みは、いってみれば情弱を相手にしたものです。アドブロックも徐々に普及しており、今後は企業案件やスパチャなどの投げ銭の比率が上がっていくような気もしています。

(ただしこれはyoutube側も何らかの手を打つかも)

決して簡単な世界ではなくなってしまいましたが、「空いた時間に副業として稼ぐ」ツールとしては非常に優秀なことは間違いないです。趣味との親和性も高く、軍資金だってほぼ必要ありません。(カメラとマイク代ぐらい)

テレビと違いジャンルとしては落ちぶれていませんので、結果的に稼げたらラッキー程度の軽いノリで開始するのであれば、これ以上ないぐらいオススメのお仕事といえるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です