ラファエル「youtuberは面白くない」の真意 テレビタレントとの違い

人気ユーチューバーのラファエルさんが地上波の「しくじり先生」に出演し、テレビを主戦場としているお笑い芸人と、ユーチューバーについて私見を述べていました。

個人的にはかなり共感できる内容が多く、以前から私が言っている「人気ユーチューバーは先にyoutubeに来ただけ」説が間違っていなかったと自信を深める意見を聞くことができました。

ラファエルさんが言っていたのは

・ユーチューバーなんて一人も面白い人がいない

 

・お笑い芸人は凄い。テレビに出ていないような芸人でも人気ユーチューバーより面白い

 

・youtubeはテレビの真似

 

・コンサルのギャラは一本400万円ぐらい。しくじり先生への出演料もそれぐらい。(オードリーなどは驚愕してましたが、単なるお約束的なリアクションで彼らは彼らで破格の年収でしょう)

このような内容です。

ここでいう面白いとは『青年や大人を笑わせる能力』のことだと思います、笑いはしないけど暇つぶしになる動画、子供を楽しませる動画についても広く解釈して「面白い」と表現することは可能ですが、笑わせる能力に関していうと、ラファエルさんの言うようにユーチューバーに秀でた人物は少ないと言えるでしょう。

(多少彼なりに謙遜した上での発言でもあるのかもしれませんが)

ラファエルの凄さ

例えばブログでも文才が必須ではないように、ユーチューバーにもトークスキルが必ず必要かというとそうではありません。

編集や企画力でいくらでもカバーできますし、事実日本でトップのヒカキンさんに非凡なトークスキルがあるかというとそうは思えないです。しかしラファエルさんに関していうと、その辺のタレントレベルのトークスキルはあるように感じました。

(面白いことを言えるかというと別の話ですが)

個人的に思うラファセルさんの最も凄いところは、仮面をつけてユーチューバーデビューした判断力ですかね。ヒカキンさんやはじめしゃちょーなどは大成功しましたが、日常生活はキッズやアンチに監視され割とうっとおしい状況のはずです。

その点ラファエルさんは顔バレしているとはいえ、そこまで広くは知られていないので、かなり快適な状況だと思います。youtubeというジャンルに目を付けた先見性に加えて、デジタルタトゥー対策までバッチリとはお見事というしかないです。

ネットのラファエル評まとめ

概ね高評価でした。

ユーチューバーの才能

現在の大手ユーチューバーはタレント、クリエイターとしての才能はないですが、お金を稼ぐ才能に関していうと人並外れています。

15年ほど前までの配信業界は、少なくとも日本ではニコニコ動画やニコ生が主流で、運の要素もあったとはいえ、youtubeで労力をかけて配信しようと考えた古株たちの先見性は素晴らしいと思います。

とはいえ彼らはラファエルがいうように面白くはありません。

宮迫やカジサックしかり、テレビ→youtubeは成功例が多いですが、逆のケースはほぼ皆無です。松本人志などもyoutube参入しそうなので、これからはどんどん再生回数が分散して、時間をかけてバブルが弾けていくと思います。

最終的にはテレビのように、ある程度才能がある人間が稼げる業界になると踏んでいますがどうなるでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です